オンラインカジノを快適に過ごすための金融機関

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

オンライカジノで遊ぶ経験年数が多くなると、手元の資金と実際のオンラインカジノ口座にある資金をうまく転がし、適切なタイミングでより多くの投資を行う環境がどうしてもほしくなります。どういうことかと言いますとあるカジノの口座に$4000の資金があったとします。そのタイミングで他のカジノで特別のオファーをもらい、デポジットを行う必要性が出てきたとき、すぐに手元に$4000の資金を戻し、他カジノへのデポジットができるとは限りません。支払い時間というものが存在するからです。ということでそのカジノでプレイをしない期間が長いのであれば、寝かすことなく資金が自由に使える環境へ移管することが望ましいのですが、その環境がオンラインカジノを得意とする海外の金融機関になります。様々な呼び名が存在するため混乱するかもしれませんが決済会社などとも呼ばれています。具体的にはNETELLER(ネッテラー)、MONEYBOOKERS、I-BANQなどが上げられます。その他クリック2ペイ、エンTロペイなどもありますが、使い勝手から考慮すると、やはりNETELLER(ネッテラー)やI-BANQもしくはジパングカジノやワイルドジャングルカジノだけをやり続けるならZBANC、NETBANQなども魅力的でしょう。これら金融機関の口座開設はひとつのみで良いかというとその限りではございません。なぜなら、一回の入出金に限度額があり、やはり手元資金(純粋に動かすことができるお金)を多くするためには複数の口座に残高を分散させておく方が、より柔軟性が高まるからです。ではおすすめの金融機関はどこになるのか考えてみます。

Optimal Payments Limited (Optimal Payments Plc (登録番号: 109535C) 完全子会社) は、2011 年電子マネー規制法 (900015) の下で Financial Conduct Authority より電子マネー発行を認定されています。当社は、英国 Financial Conduct Authority の統制下で運営されており、世界中の運営体制、サービスすべての面で高い水準を維持しています。またマネーロンダリング防止関連規制の遵守に加え、業界最先端の物理的および電子的な保護手段を採用し、個人情報の盗難や詐欺から会員を最大限に保護しています。当社は、入金後および未決済、取引中の資金の 100% 超を独立した信託勘定に保有しています。

上記が何を物語っているかお分かりでしょうか?NETELLER(ネッテラー)の公式サイトより引用させていただきましたが、金融機関としてのリスクマネジメントが公式でかつユーザー側の保護を100%行っているかというようなことが重要であるといえます。特にオンラインカジノの資金を保管する金融機関は日本では存在せず、海外の会社が運用しているケースがほとんどなのですが、その会社が倒産であったり突然とんずらされてはたまりません。

もちろん、以下の点も考慮すべきです。

  1. 手数料(引き出し手数料や為替手数料なども)
  2. サポート体制の充実度
  3. オンラインカジノ側の優遇率(ボーナスなどによる還元)

特に1については必ず考慮すべきでしょう。金銭感覚がオンラインカジノをやっていると狂うことがありますが、冷静に手数料をチェックして下さい。だいたい1~2%の手数料でおさまっていれば良いのですが、上記にあげた会社を選ぶのであれば問題はありません。

以上のことから、必ず金融機関の口座は2つ以上保持し、資金はオンラインカジノ側ではなくこれら口座で管理し、すぐに運転できるようにすることがオンラインカジノで快適に過ごすための工夫になります。

以下は当サイトで参考させていただいているオンラインカジノポータルサイト様のネッテラー解説ページです。かなり詳しく記載されていますので参考にして下さい。

参考:ネッテラー(http://www.casinodechokin.com/neteller.html)